Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大

ゼロゼロワンと横浜国立大学大学院は、閉域ネットワークにおけるIoT機器可視化の実証に向けた共同研究を実施している。

同研究では、横浜国立大学のクローズドネットワークに接続された機器を可視化した上で、脆弱なIoT機器を洗い出し、ネットワークのセキュリティリスクを評価。ゼロゼロワンのIoT機器検索するサービス「Karma」を用いて、閉域ネットワークにおけるIoT機器の効率的な管理手法について研究するもの。

6月より開始しており、2022年3月31日まで実施する予定。ゼロゼロワンでは、同研究で得られた知見をもとに、閉域ネットワーク向けのIoT機器可視化サービスを10月ごろより提供したいとしている。

(Security NEXT - 2021/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ