Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜「ジョイナス」のサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導

横浜市西区にある商業施設「ジョイナス」のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされていたことがわかった。

同店を運営する相鉄ビルマネジメントによれば、ウェブサイトが不正アクセスを受けて改ざんされ、アクセスするとスマートフォンアプリの導入を迫る外部サイトに誘導されるおそれがあったという。

少なくとも7月中旬ごろには改ざんされていたと見られ、同社では、以前の状況を含め、ログ解析など詳細については調査を進めている。

同社では改ざんされたデータを修復し、セキュリティ対策を強化。同サイトにおいて個人情報の取り扱いはないという。引き続き詳しい原因調査を進め、抜本的なセキュリティ対策なども含めて対応を検討していく。

(Security NEXT - 2021/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
求職情報サイトが侵害、CMSプラグインの脆弱性突かれる - 日刊工業新聞
東京ヴェルディの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
ワイン通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
自動車パーツの通販サイトに不正アクセス - エンラージ商事
2.5次元俳優グッズの通販サイト、個人情報流出の可能性
社会人向け検定サービスサイトに不正アクセス
体臭関連製品扱う通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性