Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜「ジョイナス」のサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導

横浜市西区にある商業施設「ジョイナス」のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされていたことがわかった。

同店を運営する相鉄ビルマネジメントによれば、ウェブサイトが不正アクセスを受けて改ざんされ、アクセスするとスマートフォンアプリの導入を迫る外部サイトに誘導されるおそれがあったという。

少なくとも7月中旬ごろには改ざんされていたと見られ、同社では、以前の状況を含め、ログ解析など詳細については調査を進めている。

同社では改ざんされたデータを修復し、セキュリティ対策を強化。同サイトにおいて個人情報の取り扱いはないという。引き続き詳しい原因調査を進め、抜本的なセキュリティ対策なども含めて対応を検討していく。

(Security NEXT - 2021/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

栃木の名産品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ヘルメットや安全標識を扱う2サイトに不正アクセス
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
カーパーツショップに不正アクセス - クレカ情報が流出
インテリア雑貨ショップに不正アクセス - クレカ情報2763件が流出した可能性
複数の化粧品通販サイトでクレカ情報流出のおそれ
マット販売サイトに不正アクセス -顧客情報流出の可能性
顧客のクレカ情報流出の可能性 - 医薬品容器メーカー
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出