Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工

川崎重工業は、国内外の同社拠点がサイバー攻撃を受けた問題で、国内外拠点のサーバ36台が攻撃者によってアクセスされた可能性があるとの調査結果を取りまとめた。海外拠点より外部サーバに対してデータ送信が行われており、情報が流出した可能性がある。

同社では、タイやインドネシア、フィリピンの同社拠点経由で国内拠点に対して不正アクセスが行われていることを2020年6月に確認。その後米国拠点からも国内拠点へアクセスが行われていた疑いが浮上し、同年12月28日に事態を公表するとともに、調査を進めていた。

今回の問題で通信ログについて調査を行ったところ、米国、タイ、インドネシアの拠点より外部サーバに対してデータ送信を行っていたことを確認。またマルウェアの感染やサーバへのアクセスなどの痕跡も見つかっており、情報が流出した可能性がある。

マルウェアに関しては、国内の主要拠点や不正アクセスを確認した海外拠点のパソコン、サーバなどあわせて約2万9000台を対象に感染状況を調査。国内拠点からマルウェアは見つからなかったが、海外拠点では感染が明らかとなり、駆除が行われたという。

本誌取材に対し、マルウェアが感染した端末の具体的な台数などは、攻撃者側に情報を与えるおそれがあるとして同社はコメントを避けた。また調査対象となった2万9000台以外の端末については、不審な通信など確認されておらず、セキュリティ事業者の意見も踏まえて不正アクセスのおそれがないと判断したとしている。

(Security NEXT - 2021/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
ドール通販サイトから顧客情報が流出 - 脅迫メールで判明