Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意

「楽天カード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されており、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

問題のフィッシングメールは、「楽天カードからのお知らせ」「【最終警告】楽天カードからのお知らせ」「【重要なお知らせ】楽天カードの利用確認」といった件名で送信されており、本人の利用であるか確認したい取引があるなどとだましてフィッシングサイトへ誘導していた。

メールはHTML形式で、社名や確認を誘導する文言、コピーライト表記などに偽サイトへのリンクを埋め込まれている。誘導先では、ユーザーIDやパスワード、住所、電話番号、誕生日、クレジットカード情報などを入力させようとしていた。

7月27日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。あわせて類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正