Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市

横浜市は、新型コロナウイルスの新規感染者の個人情報が記載された資料を、複数報道機関に対して誤ってファックスで送信するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、7月11日16時半ごろ、新型コロナウイルス新規感染者に関する記者発表資料をファックス送信する際、誤って感染者165人の個人情報含む別の資料を送信した。問題の資料には、氏名や住民登録区、発症日、疑われる感染経路や集団名などの疫学情報が含まれる。

20社に対して28件のファックスを送信したが、送信から約15分後に受信した報道機関から連絡があり、ミスが判明した。通常、ファックス送信を行う際にダブルチェックを実施していたが、今回はダブルチェックが行われていなかったという。

同市では送信先となった報道機関に電話で連絡を取って謝罪。同日以降、回収を進めており7月14日時点で19社より26件を回収した。15日には完了する見込み。

(Security NEXT - 2021/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付