Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数研究部のサイトで改ざん、外部サイトへ誘導 - 龍谷大

龍谷大学は、研究部の複数サイトが不正アクセスを受け、改ざんされたことを明らかにした。原因など詳細について調べている。

同大によれば、同大ウェブサイトにおいて検索機能を利用し、検索結果より研究部のウェブサイトへアクセスしようとすると、同大とは関係ない外部の無関係なサイトに遷移するよう改ざんされたもの。6月25日10時半ごろ、異常に気がついた。

研究部などあわせて15サイトにて改ざんを確認。誘導先の詳細はわかっていないが、英語と日本語が混在する一見ショッピングサイトだったという。

7月7日の時点で、改ざん以外の被害は確認されていない。7月2日に学外から改ざんされたサイトに対するアクセスは遮断済みで、同大では、改ざんされた原因や経緯など詳細について調査を進めている。

(Security NEXT - 2021/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性
保育関係者向けサイトに不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出
「ビズアップ総研オンラインショップ」に不正アクセス - クレカ情報が流出
カフェ関連商品を扱う通信販売サイトに不正アクセス