Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数研究部のサイトで改ざん、外部サイトへ誘導 - 龍谷大

龍谷大学は、研究部の複数サイトが不正アクセスを受け、改ざんされたことを明らかにした。原因など詳細について調べている。

同大によれば、同大ウェブサイトにおいて検索機能を利用し、検索結果より研究部のウェブサイトへアクセスしようとすると、同大とは関係ない外部の無関係なサイトに遷移するよう改ざんされたもの。6月25日10時半ごろ、異常に気がついた。

研究部などあわせて15サイトにて改ざんを確認。誘導先の詳細はわかっていないが、英語と日本語が混在する一見ショッピングサイトだったという。

7月7日の時点で、改ざん以外の被害は確認されていない。7月2日に学外から改ざんされたサイトに対するアクセスは遮断済みで、同大では、改ざんされた原因や経緯など詳細について調査を進めている。

(Security NEXT - 2021/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
複数の文化施設が改ざん被害 - 不正サイトに誘導
不正アクセスで顧客のクレカ情報流出の可能性 - 教材販売サイト
和菓子通販サイトでクレカ情報流出 - 悪用された可能性
資格検定の申込サイトにサイバー攻撃 - データ改ざんや流出の可能性
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
ファッションブランド「MACHATT」の通販サイトに不正アクセス