Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都

東京都は、ワクチン接種対象者1人の氏名が記載された案内メールを、無関係である約4万4000件の宛先に送信するミスがあったことを明らかにした。

都によれば7月2日14時半ごろ、「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示する都内飲食店の責任者「コロナ対策リーダー」の1人に対し、ワクチン接種の日時をメールで案内しようとしたところ、誤送信が発生したもの。

システムにおいて対象者を選択すべきところ、操作を誤って対象者を選択せずに送信作業を行ったため、本来送信すべき対象者1人の氏名が記載されたメールが、対象者以外のコロナ対策リーダーに対しても送信された。

職員が誤送信に気づき、途中で送信処理を中止したが、送信されたメールは約4万4000件にのぼる。送信対象に対して個別にメールを送信するシステムであるため、メールアアドレスの流出などは発生していない。

都では、接種対象者に対して経緯を説明して謝罪した。また誤送信先にもメールで謝罪し、誤って送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2021/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
無料PCR検査の連絡で3度にわたりメール送信ミス - 三重県
コロナ対策ポスター掲示店の申請者情報を誤掲載 - 宮城県
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
議会への回答資料に個人情報、市サイトにも掲載 - 奈良市
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所