Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

川崎汽船の海外子会社に不正アクセスか - 闇サイトにデータ

川崎汽船は、海外の同社子会社が不正アクセスを受け、同子会社が保有する情報が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、6月30日午前に契約するシステム会社から、外部サイトに同子会社に関するデータが掲載されているとの連絡があり、問題を把握した。

掲載されたデータが、闇サイトの主張どおり同子会社の保有情報であるかはわかっておらず、真偽の確認を進めている段階だが、情報が流出している可能性もあるとして事態を公表したという。

同社は、所管する官庁に事態を報告。国内外の捜査機関に相談し、連携しながら対応を進めている。

同社は本誌の取材に対し、同子会社を含め、システム障害などは確認されておらず、船舶の運航にも影響は出ていないと説明。今回の不正アクセスにおけるランサムウェアの関与や脅迫の有無については、コメントを避けた。

(Security NEXT - 2021/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性