Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大

東北工業大学は、同大客員研究員のメールアカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同大によれば、2021年2月24日に客員研究員1人のメールアカウントが不正アクセスを受けたことを確認したもの。同大では同日アカウントを停止した。

同大関係者の出張などなく、学生の渡航としても考えにくい地域の海外IPアドレスより不審なアクセスが行われていることを検知し、調査を行ったところ、不正アクセスを受けていることが判明したという。

2020年11月9日から2021年2月24日にかけて、同アカントより出会い系サイトへ誘導する英文のスパムメール1万9830件が不特定多数の海外メールアドレスに対して送信されていた。

ただし、1万9292件については未達を知らせるメールがサーバより戻されており、送信に失敗したものと見られる。

(Security NEXT - 2021/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
東京ヴェルディの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
臨時IDカードで知人住所を取得、待ち伏せ職員を処分 - 仙台市
千葉県青少年自然の家に不正アクセス - 2021年の脆弱性が未修正