Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大

東北工業大学は、同大客員研究員のメールアカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同大によれば、2021年2月24日に客員研究員1人のメールアカウントが不正アクセスを受けたことを確認したもの。同大では同日アカウントを停止した。

同大関係者の出張などなく、学生の渡航としても考えにくい地域の海外IPアドレスより不審なアクセスが行われていることを検知し、調査を行ったところ、不正アクセスを受けていることが判明したという。

2020年11月9日から2021年2月24日にかけて、同アカントより出会い系サイトへ誘導する英文のスパムメール1万9830件が不特定多数の海外メールアドレスに対して送信されていた。

ただし、1万9292件については未達を知らせるメールがサーバより戻されており、送信に失敗したものと見られる。

(Security NEXT - 2021/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

栃木の名産品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
不正アクセスでメアド流出の可能性 - 岡山県医師会
ヘルメットや安全標識を扱う2サイトに不正アクセス
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
カーパーツショップに不正アクセス - クレカ情報が流出
複数サーバにサイバー攻撃、顧客情報流出の可能性 - 森永製菓
インテリア雑貨ショップに不正アクセス - クレカ情報2763件が流出した可能性
パートナー企業の不正アクセスで顧客情報流出 - ラクスル
SQLi攻撃でメールアドレスが流出か - アウトドア用品企画会社
サーバに不正アクセス、卒業生の個人情報流出の可能性 - 琉球大