Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士フイルム、情報流出なし - 業務や流通も通常どおりに

富士フイルムが、外部からの不正アクセスによりランサムウェアに感染した問題で、業務や流通の遅延などが解消した。

同社は、サーバに対するフォレンジック調査や、端末におけるマルウェアの検体調査を終え、外部への情報流出の痕跡は認められないとして、情報流出はないと結論付けた。

窓口の受付や製品の受注、出荷体制については6月中旬に回復。その際、一部配送に遅延も見られたが、6月25日の時点で遅延も解消している。

今回の問題を受けて同社では所管する経済産業省へ報告。警察に対しても被害を相談するなど、引き続き対応を進めている。

(Security NEXT - 2021/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
月桂冠がランサム被害、子会社にも影響 - 生産には影響なし
ランサムでシステム障害、情報流出の可能性も - 事務用品販売会社
ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社
エスビー食品子会社でランサムウェア被害 - 生産供給に影響なし
自動車部品メーカーのGMBでランサムウェア被害
PCR検査のデータ管理システムがランサム被害 - 愛知県
ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
大晦日未明にランサム被害、情報流出を確認 - ソフトウェア開発会社
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響