Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向け「不動産プラグイン」シリーズに脆弱性

「WordPress」向けに提供されているプラグイン「不動産プラグイン」シリーズに脆弱性が明らかとなった。

同プラグインシリーズは、コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」において、不動産情報サイト向けの機能を追加できるソフトウェア。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「不動産プラグイン(本体)」「不動産プラグインPro」に「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2021-20749」が明らかになったという。

同脆弱性を悪用されると、同プラグインを利用するウェブサイトへアクセスしたユーザーのブラウザにおいて、任意のスクリプトを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「5.4」とレーティングされている。

セキュアスカイ・テクノロジーの岩間湧氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性を修正したアップデート「同5.7.2」がリリースされている。

(Security NEXT - 2021/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を