Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カフェ関連商品を扱う通信販売サイトに不正アクセス

カフェ関連の商品を扱う通信販売サイト「Daiichi F&Lオンラインショップ」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報が流出し、悪用された可能性があることがわかった。

同サイトを運営する大一電化社によれば、不正アクセスにより決済アプリケーションが改ざんされたもので、2020年3月3日から2021年2月12日にかけて新規に入力されたクレジットカード情報が流出し、不正に利用された可能性があることが判明したという。

対象となるのは、顧客1246人が入力したクレジットカード情報最大2551件。クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが流出した可能性がある。2月10日にクレジットカード会社から決済代行会社に連絡があり、同社では2月12日に情報が流出した可能性を把握したという。

外部事業者による調査は5月20日に完了し、6月10日に個人情報保護委員会へ報告。同日警察にも被害を申告した。対象となる顧客に対しては、6月17日よりメールや書面で経緯を説明し、謝罪を行っており、身に覚えのない請求がないか確認するよう注意を呼びかけている。

同社は、セキュリティ対策や監視体制の強化を行い、再発防止を図るとしており、今回不正アクセスを受けたサーバやシステムについては破棄したと説明。異なるサーバやカートシステムを導入したあらたなサイトを立ち上げたという。今後クレジットカード会社の承認を経てクレジットカード決済を再開する予定。

(Security NEXT - 2021/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
東京ヴェルディの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
臨時IDカードで知人住所を取得、待ち伏せ職員を処分 - 仙台市
千葉県青少年自然の家に不正アクセス - 2021年の脆弱性が未修正