Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも

「SRA 4600」は、2019年10月にサポートの終了を迎えているが、翌11月にリリースされた「SMA 9.0.0.5」においてもサポートプラットフォームとして「SRA 4600」をリリースノートに明記。そのため、機器におけるサポートは終了しつつも、最新のファームウェアへアップデートしていれば、「CVE-2019-7481」の影響を受けないものと考えられてきた。

しかし、CrowdStrikeが調査を行ったところ、「SRA 4600」では、ファームウェア「SMA 9.0.0.5」を適用していても、引き続き「CVE-2019-7481」の影響を受けることが判明したという。

同社の報告に対して、SonicWallでは「SRA 4600」についてサポートが終了したとしつつも、2021年2月に判明した脆弱性「CVE-2021-20016」に対する「SMA10.x」系統のアップデートが脆弱性の緩和手段であるとの説明を受けたという。

CrowdStrikeでは、SonicWallの推奨事項を実施しつつも、サポートが終了した旧機器から、テストなど実施されるサポート中の機器へ移行することを検討するよう呼びかけた。

またFortinet製ゲートウェイ製品「FortiGate」で明らかとなった既知の脆弱性も、引き続き攻撃の対象となっている。SANSの研究者であるGuy Bruneau氏は、過去60日間において、VPNの脆弱性が未修正となっている機器の探索行為を引き続き観測していると報告した。

「FortiOS」で明らかとなった脆弱性は、APTグループより攻撃対象となっているとして米当局からも注意喚起が行われていると指摘。利用者に警戒を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ