Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも

「SRA 4600」は、2019年10月にサポートの終了を迎えているが、翌11月にリリースされた「SMA 9.0.0.5」においてもサポートプラットフォームとして「SRA 4600」をリリースノートに明記。そのため、機器におけるサポートは終了しつつも、最新のファームウェアへアップデートしていれば、「CVE-2019-7481」の影響を受けないものと考えられてきた。

しかし、CrowdStrikeが調査を行ったところ、「SRA 4600」では、ファームウェア「SMA 9.0.0.5」を適用していても、引き続き「CVE-2019-7481」の影響を受けることが判明したという。

同社の報告に対して、SonicWallでは「SRA 4600」についてサポートが終了したとしつつも、2021年2月に判明した脆弱性「CVE-2021-20016」に対する「SMA10.x」系統のアップデートが脆弱性の緩和手段であるとの説明を受けたという。

CrowdStrikeでは、SonicWallの推奨事項を実施しつつも、サポートが終了した旧機器から、テストなど実施されるサポート中の機器へ移行することを検討するよう呼びかけた。

またFortinet製ゲートウェイ製品「FortiGate」で明らかとなった既知の脆弱性も、引き続き攻撃の対象となっている。SANSの研究者であるGuy Bruneau氏は、過去60日間において、VPNの脆弱性が未修正となっている機器の探索行為を引き続き観測していると報告した。

「FortiOS」で明らかとなった脆弱性は、APTグループより攻撃対象となっているとして米当局からも注意喚起が行われていると指摘。利用者に警戒を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響