Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所

国立環境研究所(NIES)は、職員のメールアカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。以前にやりとりした関係者に対してメールが送信されたという。

同研究所によれば、5月20日から6月7日にかけて、同研究所の職員が利用するクラウドサービス「Microsoft 365」のメールアカウント1件が外部より不正アクセスを受けたもの。同研究所内外で過去にやりとりしたメールアドレスに対し、不審なメールが届いていることを6月8日に確認し、被害に気がついた。

メールボックスには、約5万件のメールが保存されており、メールアドレスやメールの本文が窃取された可能性がある。多くのメールには署名など個人情報が含まれていると見られるが、知的財産など機密情報は含まれていなかったとしている。

問題の不正なメールは、窃取されたメールアドレスが悪用され、外部のサーバを通じて送信された。送信件数はわかっていない。同研究所内部に届いたメールだけでも約50件にのぼっている。

(Security NEXT - 2021/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も