Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市

大阪市は、4月21日から5月20日の1カ月間に、誤送付や誤交付など個人情報に関する事務処理ミス9件が発生したことを明らかにした。

期間中に生じた誤送付は6件。新型コロナウイルスワクチンの接種券付き予診票を介護老人保険施設へ送付した際、誤って別施設の予診票44件が混入するミスが発生。防災管理講習の受講予定者宛てのメールでは、誤って宛先にメールアドレスを入力したため、メールアドレス365件が流出した。

営業時間短縮協力金申請の受け付けに関する業務を委託している事業者において、営業時間短縮協力金申請の添付資料を返却する際、誤って別人に送付するミスや、国民健康保険高齢受給者の自己負担金割合判定に関する照会文書を誤って別の市役所へ送付したケースなども明らかとなっている。

誤交付は1件あり、高校の教員が、視力検査結果の通知について封入作業を行った際、誤って別の生徒の封筒に封入し、交付するミスがあった。

誤送付や誤交付以外の事案は2件。国民健康保険特定保健指導業務委託契約書の作成にあたっては、契約書とは関係ない国民保険被保険者の「療養費等支給決定通知書」が契約書に混入したことに気づかず製本し、事業者へ送付するミスが発生。市立高校では、通学経路などを記載した通学届4件の紛失が判明している。

(Security NEXT - 2021/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ