Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付

大阪府は、四條畷保健所において新型コロナ感染症における「就業制限通知書」と「消毒その他の措置に関する通知書」を誤送付するミスが発生したことを明らかにした。

いずれも感染症法に定められた書類で、新型コロナ患者の就業制限や消毒に関する情報を記載。患者の氏名や症状、初診日、診断日などの個人情報が含まれる。

陽性が確認された1人の書類送付先を5月13日にシステムへ入力したが、同時に入力していた別の患者と同じ送付先を入力してしまい、そのまま同月21日に送付してしまったという。

同月24日に送付先より誤った書類が届いたとの連絡があり、問題が発覚。同府では誤送付先を訪問し、謝罪して書類を回収。情報が流出した患者に対しても経緯を説明して謝罪した。

データ入力時に並行して2人分のデータを処理していたため、同じ内容を入力してしまったとし、今後は入力作業において、対象者以外の入力を終了させる。また複数の職員によるチェックを徹底していく。

(Security NEXT - 2021/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
コロナ陽性者向けメールで誤送信、作業ミスで宛先にズレ - 東京都
保育所配信システムで個人情報含む文書を誤送信 - 那珂市
新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県