Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル

カー用品などの製造、販売を手がけるユピテルは、2017年に不正アクセスを受け、同社顧客情報が外部に流出していたことを明らかにした。不正アクセスそのものは当時より把握していたが、5月に脅迫メールが届いたことで、顧客情報を窃取されていたことに気がついたという。

同社によれば、2021年5月25日に同社顧客の個人情報を保有しているなどとし、金銭を要求するメールが同社関係者に届いたもの。脅迫メールの本文は日本語で記載されており、2017年末にサーバへ不正アクセスし、データを窃取したと主張していた。

データベースファイルへのリンクが記載されており、同社で調べたところ、2017年10月末当時の同社会員サイト「My Yupiteru」の会員情報が含まれていることを確認した。

問題のデータベースファイルには、52万8563件のレコードが存在。重複や個人情報以外の情報を除くと、同サイト会員情報40万5576件が保存されていた。氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、ハッシュ化されたパスワードが含まれる。データベース内のタイムスタンプも当時のものだった。

同社では、「My Yupiteru」のウェブサーバに対する不正アクセスについて、外部のシステム会社やサーバ管理会社から報告があり、2017年10月31日の時点で把握していたという。

(Security NEXT - 2021/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
ドール通販サイトから顧客情報が流出 - 脅迫メールで判明