Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか

KADOKAWAは、同社子会社である台湾角川が不正アクセスを受けたことを確認したと発表した。

同社によれば、6月3日に台湾角川のサーバで不正アクセスを確認したもの。ランサムウェアに関連する攻撃の可能性があり、個人情報や企業情報が外部に流出したおそれがあるという。

同社では被害の拡大を防ぐため、台湾角川のサーバとパソコンを停止し、ネットワークを遮断。台湾角川の公式サイトについてもサービスを一時停止した。不正アクセスの影響は台湾角川のサーバのみとし、同社のサーバやネットワークへの影響については否定している。

同社は、台湾において警察などへ被害を相談するとともに、不正アクセスの原因や詳細について調査を進めている。本誌取材に対して、すでに発表済みである内容以上のことは答えることはできないとし、「ランサムウェア」の可能性があると判断した理由や脅迫状況などについては、コメントを得られなかった。

(Security NEXT - 2021/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大晦日未明にランサム被害、情報流出を確認 - ソフトウェア開発会社
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
クラウド運用の県森林情報管理システムがランサム被害 - 鳥取県
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号化された鍵」特定されて侵入
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害