Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか

KADOKAWAは、同社子会社である台湾角川が不正アクセスを受けたことを確認したと発表した。

同社によれば、6月3日に台湾角川のサーバで不正アクセスを確認したもの。ランサムウェアに関連する攻撃の可能性があり、個人情報や企業情報が外部に流出したおそれがあるという。

同社では被害の拡大を防ぐため、台湾角川のサーバとパソコンを停止し、ネットワークを遮断。台湾角川の公式サイトについてもサービスを一時停止した。不正アクセスの影響は台湾角川のサーバのみとし、同社のサーバやネットワークへの影響については否定している。

同社は、台湾において警察などへ被害を相談するとともに、不正アクセスの原因や詳細について調査を進めている。本誌取材に対して、すでに発表済みである内容以上のことは答えることはできないとし、「ランサムウェア」の可能性があると判断した理由や脅迫状況などについては、コメントを得られなかった。

(Security NEXT - 2021/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
富士フイルムでランサム被害か - 顧客サポートや配送などに影響
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
欧州グループ会社にサイバー攻撃 - ダイハツディーゼル