Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城

宮城広瀬高校において、卒業生の進路先情報など含むファイルを誤って同校ウェブサイト上で公開するミスが発生した。

同県によれば、2020年度に同校3年生として在籍した生徒272人に関する氏名や受験大学などの進路情報を含む表計算ファイルを誤って同校のウェブサイト上で掲載していたもの。5月20日14時半ごろ公開したが、5月28日に外部より指摘があり問題が判明。同日9時前に同ファイルの掲載を中止した。

本来、表計算ファイルにある進路決定状況の集計結果をPDFファイルとして公開するところ、誤って別シートに集計結果の元データを含む表計算ファイルをそのまま公開してしまったという。承認後教員1人で作業を行い、複数による確認なども行っていなかった。

同県では、対象となる関係者へ電話や文書で謝罪。今後は、情報の掲載時には複数の教員により、確認しながら作業を進め、掲載後に内容の誤りがないか確認するなど再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2021/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県サイトで個人情報含む作業用ファイルを誤公開 - 愛媛県
公開表計算ファイルから個人情報が閲覧可能に - 立命館APU
幼稚園教諭がサポート詐欺被害 - ファイルが消失、漏洩した可能性
授業支援システム上で個人情報を誤って公開 - 東海大
個人情報含むPCが盗難被害、困った人を助ける間に - 島根県立大
求職者の個人情報含むファイルを営業DMに誤添付 - 人材派遣会社
高校で進路アンケート調査結果が閲覧可能に - 東京都
医療機関に個人情報を誤送付、リスト作成時にミス - 町田市
人間ドック受診者情報を医療機関に誤送信 - 福岡県
Jリーグ会員のメアド含むファイルを誤送信 - モンテディオ山形