Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城

宮城広瀬高校において、卒業生の進路先情報など含むファイルを誤って同校ウェブサイト上で公開するミスが発生した。

同県によれば、2020年度に同校3年生として在籍した生徒272人に関する氏名や受験大学などの進路情報を含む表計算ファイルを誤って同校のウェブサイト上で掲載していたもの。5月20日14時半ごろ公開したが、5月28日に外部より指摘があり問題が判明。同日9時前に同ファイルの掲載を中止した。

本来、表計算ファイルにある進路決定状況の集計結果をPDFファイルとして公開するところ、誤って別シートに集計結果の元データを含む表計算ファイルをそのまま公開してしまったという。承認後教員1人で作業を行い、複数による確認なども行っていなかった。

同県では、対象となる関係者へ電話や文書で謝罪。今後は、情報の掲載時には複数の教員により、確認しながら作業を進め、掲載後に内容の誤りがないか確認するなど再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2021/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

阪南市でワクチン予約者リストを誤送信 - 当日指摘あるも確認5日後
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
全学生情報含むファイルを複数学生に誤送信 - 愛媛大
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀