Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城

宮城広瀬高校において、卒業生の進路先情報など含むファイルを誤って同校ウェブサイト上で公開するミスが発生した。

同県によれば、2020年度に同校3年生として在籍した生徒272人に関する氏名や受験大学などの進路情報を含む表計算ファイルを誤って同校のウェブサイト上で掲載していたもの。5月20日14時半ごろ公開したが、5月28日に外部より指摘があり問題が判明。同日9時前に同ファイルの掲載を中止した。

本来、表計算ファイルにある進路決定状況の集計結果をPDFファイルとして公開するところ、誤って別シートに集計結果の元データを含む表計算ファイルをそのまま公開してしまったという。承認後教員1人で作業を行い、複数による確認なども行っていなかった。

同県では、対象となる関係者へ電話や文書で謝罪。今後は、情報の掲載時には複数の教員により、確認しながら作業を進め、掲載後に内容の誤りがないか確認するなど再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2021/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
保健所提供データに個人情報、加工前データの削除を失念 - 静岡市
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
メアドスペルミスで学生情報を誤送信 - 京都芸術大
コロナ患者情報を誤送信、表計算ファイル内に残存 - 静岡県
県立校で大学入学共通テストの自己採点結果を誤送信 - 愛知県
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市