Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大

埼玉県立大学は、個人情報が記録されたUSBメモリを、学生が紛失したことを明らかにした。

同大によれば、実習中の学生がUSBメモリを紛失したもの。内部には、実習先機関で受け持つ患者1人の氏名、講演者3人の氏名および関連施設名、同大の学生137人の氏名、学籍番号が記録されていた。

同大では、セキュリティ対策などを実施すればUSBメモリを用いてデータを持ち出すことは可能としていたが、所在不明となっているUSBメモリに関しては、データの暗号化などセキュリティ対策は実施されていなかった。

紛失した時期や場所については、「関連機関にも影響がある」として明らかにしていない。紛失を警察に届けているが、紛失した個人情報の不正使用などは確認されていないという。

同大では対象となる学生や関係者、関連する施設に対して経緯を説明して謝罪。学生によるUSBメモリ取り扱いについて見直しを検討するとしている。

(Security NEXT - 2021/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 約1カ月後に回収
保育園の園児情報含むUSBメモリが盗難に - 福井市
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 横浜市立みなと赤十字病院
個人情報含むUSBメモリを紛失、拾得され発覚 - 近畿大工業高専
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明に - 茨城東病院
患者情報含むUSBメモリが手術室で所在不明に - 大館市立総合病院
患者情報入りUSBメモリを一時紛失 - レンタカー内部で発見
医療相談情報含むUSBメモリを院内で紛失 - 射水市民病院