Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政文書開示請求者に個人情報を誤開示 - 生駒市

奈良県生駒市は、生活保護申請者の個人情報含む文書を、行政文書の開示請求者に誤って開示するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、2月10日付けで開示請求された「福祉行政報告例」を、3月1日付けで開示した際、本来は非開示情報である生活保護の新規申請処理状況一覧表を誤って開示したという。5月21日に開示請求者から指摘があり問題が判明した。

問題の一覧表には、生活保護申請者10人の氏名、地区名、申請年月日、事務所処理年月日、決定、決裁年月日、開始年月日、開始理由などが含まれる。

同一覧表は5月24日に開示請求者から返却された。同市では、連絡のついた6人に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

部分開示文書で個人情報の墨塗り漏れが判明 - 相模原市
開示文書の墨塗り処理に不備、個人情報など参照可能 - 埼玉県
開示請求者の情報がサイト上で閲覧可能に - 都交通局
障害者虐待関連の公文書、簿冊から抜き出し所在不明に - 三重県
DV被害者の住所を加害者に誤って漏洩 - 日野市
政務活動費収支報告書の関連書類でマスキング漏れ - 鹿児島市
従業員が顧客データベースを私的利用 - 北都銀
複数の開示文書データに個人情報、墨塗りするも識別可能に - 豊田市
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん