Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT

マルウェア「Mirai」に関連する攻撃ホスト数は、グローバルで概ね6万件から12万件前後で推移。また国内では、ブロードバンドルータ製品への感染拡大により、2月中旬ごろより攻撃ホスト数の増加が見られた。

最大34万件が観測された前四半期と比較すると、大きく減少している。ただし、Miraiの亜種には、従来の特徴を持たないパケットを送信するタイプも存在しており、必ずしも収束に向かっているとは断定できないとしている。

「NICTER」において観測した「スキャナ」とする判定基準を満たした調査機関や大学、組織による調査目的のIPアドレスは1508件。同基準を満たさないものの調査、研究目的と判定したものは2560件だった。調査目的と見られる総スキャンパケット数は約641億で、全体の約54%を占める。

(Security NEXT - 2021/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起