Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ダークネット宛てのパケット数が増加傾向 - クルウィットら調査

BBソフトサービスとクルウィットは、2022年第2四半期および第3四半期におけるダークネットのパケット観測状況を取りまとめた。

利用していないIPアドレスをネット上に配置したNICTERプロジェクトのダークネットを用いて商用サービスを展開するクルウィットが、観測状況を取りまとめたもの。観測に用いたダークネットはNICTERプロジェクトの一部にあたるが、具体的なIPアドレスの件数については非公表となっている。

同社によると、第2四半期のパケット数は6833万9770件。第3四半期は8858万9775件だった。6104万2162件だった第1四半期から増加傾向が続いている。

月別に見ると3083万5832件を観測した8月がもっとも多く、唯一3000万件を超えた。翌9月は2899万1971件とやや減少したものの、引き続き多数のパケットが観測されている。

第2四半期から第3四半期にかけては、ソフトウェアの脆弱性を探索していると見られるパケットなどの増加を観測したという。

(Security NEXT - 2021/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少