Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ダークネット宛てのパケット数が増加傾向 - クルウィットら調査

BBソフトサービスとクルウィットは、2022年第2四半期および第3四半期におけるダークネットのパケット観測状況を取りまとめた。

利用していないIPアドレスをネット上に配置したNICTERプロジェクトのダークネットを用いて商用サービスを展開するクルウィットが、観測状況を取りまとめたもの。観測に用いたダークネットはNICTERプロジェクトの一部にあたるが、具体的なIPアドレスの件数については非公表となっている。

同社によると、第2四半期のパケット数は6833万9770件。第3四半期は8858万9775件だった。6104万2162件だった第1四半期から増加傾向が続いている。

月別に見ると3083万5832件を観測した8月がもっとも多く、唯一3000万件を超えた。翌9月は2899万1971件とやや減少したものの、引き続き多数のパケットが観測されている。

第2四半期から第3四半期にかけては、ソフトウェアの脆弱性を探索していると見られるパケットなどの増加を観測したという。

(Security NEXT - 2021/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
なりすましメール発生、ネットバンキングも一時利用不能に - 都留信組
セルフケア向け製品サイトで個人情報を誤表示 - エーザイ