Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動

東京海上日動火災保険と東京海上日動リスクコンサルティング(TRC)は、グローバル拠点のサイバーリスクを定量的に評価する「サイバーグローバルリスク定量評価サービス」を開発した。

同サービスは、米Guidewire Softwareのサイバーリスク分析モデル「Cyence Cyber Risk Model)」を活用したもので、グローバルベースで企業のサイバーリスクを定量的に評価するサービス。従来国内向けに簡易的な評価サービスを展開してきたが、サービスを拡充した。

具体的には、企業が被るおそれがある予想最大損害額(PML)を地域やインシデント、リスクごとに算出することが可能。セキュリティ対策の強化やシステムの改善、保険の導入などの意思決定を支援する。

またインシデント発生確率や予想損害額を算出にあたっては、業種や売上高、保有する個人情報の件数といった企業の一般的な情報にくわえ、Guidewireが独自に収集したマルウェアの活動状況や企業の好感度、ウェブサイトの評判などのデータをリスク分析に活用しているという。

(Security NEXT - 2021/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
サプライチェーンのセキュリティ評価サービスを機能強化 - NRIセキュア
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
インシデント対応体制を評価する新サービス - サイバーリーズン
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス