Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ

市場調査サービスなどを展開する富士経済グループにおいて、サイバー攻撃によりシステム障害が発生している。詳しい原因など調査を進めている。

同グループは国内5社、海外現地法人2社で事業を展開しているが、富士経済マネージメントによれば、外部からのサイバー攻撃により、4月20日未明から同社グループのシステムにおいて障害が発生している。顧客に対する納品や請求書の発行、問い合わせといったサポートに時間を要するなど、影響が出ているという。

富士経済や富士キメラ総研、富士経済ネットワークスが発行した市場調査レポートをウェブ経由で提供するサービス「FK-Mards」に関しては、不正アクセスを受けた環境とは異なる回線、拠点で運用しており、サイバー攻撃による直接的な影響は出ていない。

同社は本誌取材に対し、「現段階でウェブサイトで発表している内容以上のことを話すことはできない」とし、グループ会社における具体的な影響や被害状況に関するコメントを避けた。

同社では外部の協力を得ながら、情報流出の可能性を含め、不正アクセスを受けた原因の調査や復旧作業を進めている。

(Security NEXT - 2021/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
保険事故の損害調査など受託する海外事務所にサイバー攻撃 - 日本海事検定協会
認証サーバでアクセス制御する「SaaS」も標的 - 多段階攻撃で侵入被害
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
航空会社向け顧客管理システムに不正アクセス - JALやANAにも影響
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か