Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を

Dellは、今回脆弱性が明らかとなったドライバをユーティリティや手動で削除するか、対象となる381モデルに対しては、5月10日以降に通知アプリケーション「Dell SupportAssist」を実行し、最新版へアップデートするよう求めている。

ただし、195モデルについては脆弱性の影響を受けるものの、サービスの提供期間が終了しているとして修正パッケージの提供はなく、ドライバの削除を求めている。

「CVE-2021-21551」を発見、報告したSentinelOneは、多くのユーザーに影響を及ぼす脆弱性で、適切に対策を講じていない企業などが攻撃の標的となることは避けられないと指摘。エンタープライズ、コンシューマーを問わず、早急にアップデートを実施するよう呼びかけた。

ユーザーが脆弱性を修正する機会が得られるよう、概念実証(PoC)の共有については、6月1日まで控えるとしている。

(Security NEXT - 2021/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番