Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も

Firefoxの開発チームは、脆弱性を修正したアップデート「Firefox 88.0.1」を公開した。Android向けには「同88.1.3」をリリースしている。

今回のアップデートでは、ウェブのレンダリングを行うコンポーネントにおいて競合状態が生じる「CVE-2021-29952」に対処した。悪用されると任意のコードを実行されるおそれがあり、重要度は4段階中2番目に高い「高(High)」とレーティングしている。

さらにAndroid版では、ユニバーサルクロスサイトスクリプティング(UXSS)の脆弱性「CVE-2021-29953」を修正した。脆弱性を悪用されると、細工されたページで異なるドメインのコンテキストとして動作するJavaScriptを強制的に実行されるおそれがあるという。

他OS環境では同脆弱性の影響を受けないとしているが、重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」と評価している。

またこれら脆弱性の修正は含まれていないが、延長サポート版のセキュリティアップデート「Firefox ESR 78.10.1」についても提供を開始した。

メインテナンスサービスを停止させ、ブラウザ更新サービスを動作させなくする脆弱性「CVE-2021-29951」に対処したもので、重要度は4段階中3番目にあたる「中(Medium)」。「Windows 10 ビルド1709」より以前の環境のみ影響を受けるとしている。

(Security NEXT - 2021/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局