Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省

総務省は、総合通信基盤局においてメールの誤送信があり、メール受信者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

4月26日17時時前ごろ、情報通信審議会電気通信事業政策部会ユニバーサルサービス政策委員会の傍聴登録者に対して審議結果の概要をメールで送信した際、送信先となった48人分のメールアドレスが受信者間に流出したという。

職員がメール送信後にミスへ気が付き、送付先全員に連絡を取って謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2021/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大
認定個人情報保護団体向けメールで誤送信、メアド流出 - 個情委
テストメールを誤送信、メアドが受信者間に流出 - トヨタ子会社
個人情報入力するフォームで設定ミス、謝罪時に誤送信も - 岐薬大
総合文化センターでメール誤送信、利用者メアドが流出 - 松前町
健診受診者の個人情報をメールに誤添付 - 日光市
メール誤送信で救命サポーターのメアド流出 - 奈良市消防局
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者