Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集

総務省は、「スマートシティセキュリティガイドライン第2.0版」の改定案を公開した。5月24日まで意見を募集している。

同ガイドラインは、スマートシティの構築、運営にあたり、セキュリティの考え方やセキュリティ対策について取りまとめたもの。

現行の「同第1.0版」は、2020年10月に公表したものだが、よりスマートシティの運用実態に沿い、構築や運用しやすい内容を目指して同省設置の検討会で議論を重ね、今回の改定案を取りまとめた。

同ガイドライン案では、スマートシティの構成要素をセキュリティの観点から「ガバナンス」「サービス」「都市OS」「アセット」の4カテゴリに分類。各カテゴリごとに想定されるセキュリティ上のリスクやセキュリティ対策を記載している。

20210428_so_002.jpg
スマートシティにおけるセキュリティを4カテゴリに分類し、リスクや対策を記載(図:総務省)

(Security NEXT - 2021/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
改正個人情報保護法の実務対応をテーマとしたセミナー開催 - JIPDEC
「クラウドサービス提供における情報セキュリティGL」の第3版を公開 - 総務省
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」にウェブ版 - 業界平均との比較も可能
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
スマホ運用のセキュリティ対策チェックシートに新版 - JSSEC
「改正個人情報の保護法」のガイドライン改正でパブコメ実施
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携