Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集

総務省は、「スマートシティセキュリティガイドライン第2.0版」の改定案を公開した。5月24日まで意見を募集している。

同ガイドラインは、スマートシティの構築、運営にあたり、セキュリティの考え方やセキュリティ対策について取りまとめたもの。

現行の「同第1.0版」は、2020年10月に公表したものだが、よりスマートシティの運用実態に沿い、構築や運用しやすい内容を目指して同省設置の検討会で議論を重ね、今回の改定案を取りまとめた。

同ガイドライン案では、スマートシティの構成要素をセキュリティの観点から「ガバナンス」「サービス」「都市OS」「アセット」の4カテゴリに分類。各カテゴリごとに想定されるセキュリティ上のリスクやセキュリティ対策を記載している。

20210428_so_002.jpg
スマートシティにおけるセキュリティを4カテゴリに分類し、リスクや対策を記載(図:総務省)

(Security NEXT - 2021/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請