Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性

ローカルやリモートサーバ、クラウドストレージサービスに対応したQNAPのバックアップソリューション「HBS 3 Hybrid Backup Sync」に深刻な脆弱性が明らかとなった。同ソリューションを利用する同社製NAS製品が影響を受ける。

認証不備の脆弱性「CVE-2021-28799」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用することで、リモートの第三者が同ソリューションを実行しているNASに対し、ログインすることが可能となる。当初アドバイザリでは、同脆弱性について認証情報がハードコードされている問題としていたが、その後記載は削除されている。

同社は「QTS 4.5.2(HBS 3 Hybrid Backup Sync 16.0.0415)」「QTS 4.3.6(HBS 3 Hybrid Backup Sync 3.0.210412)」および「QuTS hero c4.5.4(HBS 3 Hybrid Backup Sync 16.0.0419)」から「同h4.5.1」以降のバージョンで脆弱性は対処済みであると説明。最新バージョンへアップデートするよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート