Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし

LINEにおいて、委託先である中国の関連会社より国内の個人情報へアクセスできたり、韓国のデータセンター内で画像や動画を保管していた問題で、個人情報保護委員会は行政指導を行った。

個情委では、3月19日にLINEより報告を徴収、同月31日には同社へ立入検査を実施していたが、一定の確認が終了。委託する個人データについて、秘匿性が高くて件数も多く、問題が生じた場合に影響が大きいことを理由に、高い安全管理措置が必要として一部改善を求める行政指導を行った。

具体的には、委託先の監督における安全管理措置を求めたもので、委託先のシステム開発者に対するアクセス権限の付与について、範囲を組織的に検討し、必要な技術的安全管理措置を講ずるよう指導。

また不正閲覧などを防止するため、アクセスしたデータについて適切に検証できるよう、ログの保存や分析など組織的な安全管理措置を実施することや、取り扱い状況を把握する定期的な監査や委託契約の実施状況を調査し、評価することを求めた。

(Security NEXT - 2021/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

捜査機関に対する情報開示は1583件、前期比14%減 - LINE
「LINE」のKeep機能に不具合 - 特定条件下で別アカウントより閲覧可能に
個人情報含む業務用スマホが所在不明に - 尼崎市
委託先従業員が住民に私的メッセージを送信 - 大阪市
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
電子カルテを目的外閲覧、外部漏洩した職員を処分 - 徳島県
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表