Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都

今回の紛失により、更新や住所変更を行った住民に関しては、あらたな医療券の発行に遅れが生じたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、従来の医療券の有効期限を6月まで延長する措置を講じているため、助成を受ける際の影響はないとしている。

都では今回の事態を受け、個人情報を含む申請書類などを送付する際は、文書交換便ではなく、発送や到達が確認できる簡易書留を利用するよう要請した。

(Security NEXT - 2021/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
顧客情報記載の工事伝票を紛失 - 中部電力パワーグリッド
個人情報含む法人文書ファイルが所在不明 - 島根大
農業従事者の個人情報含む書類が所在不明 - 新潟県
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
顧客情報紛失、閉店作業忙しく管理なおざりに - 化粧品販売店