Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都

東京都は、医療費の助成を受ける際に利用する医療券の申請書類が、保健所への送付過程で所在不明になっていることを明らかにした。

都によれば、所在がわからなくなっているのは、立川市より提出された大気汚染医療費の助成に関する申請書類。更新8件、住所変更1件のほか、資格喪失による医療券返還2件、期限切れ医療券返還10件などで、あわせて21人分の個人情報が含まれる。氏名、住所、生年月日、病名などが記載されていた。

住民より書類を受理した立川市では、都と都内23区や一部市が文書のやりとりに用いる「文書交換便」を用いて、2月19日に発送。都庁経由で多摩立川保健所に届く予定だったが、未着となっている。3月30日に申請した住民より問い合わせがあり、紛失していることが判明した。

立川市が発送した際の記録は同市に残っているが、文書交換便では各局における書類の通過、受け取り時に記録を残すしくみはなく、どの時点で紛失が生じたか不明。立川市、都庁、多摩立川保健所で探索したが、19日の段階で書類は見つかっていない。

対象者が特定できた11人については、経緯の説明と謝罪を行っているが、期限切れの医療券を返還した10人については、対象者が特定できていないという。

(Security NEXT - 2021/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市
個人情報含む介護保険関連書類を紛失 - 摂津市
県立高校で生徒の評価含む教務手帳が所在不明に - 埼玉県
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院