Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録セキスペ講習、民間など23講習を追加

セキュリティに関する国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」の更新にあたり、受講が必要となる講習に、民間による「特定講習」があらたに追加された。

同資格では、登録者における能力の向上や維持を図るため、3年ごとの更新制を導入しており、従来は情報処理推進機構(IPA)の講習を受講する必要があったが、キャリアパスに応じて専門的な講習も選択できるよう「特定講習」の制度を2020年5月に導入。

同年11月から12月にかけて対象となる講習を募集し、今回あらたに7企業1機関が提供する23講座を「特定講習」と認定した。インシデントレスポンスやフォレンジック、脆弱性診断、マルウェア解析など、選択肢が広がった。4月から順次開講となる予定。

20210412_me_001.jpg
2021年4月1日時点の「特定講習」(表: 経産省)

(Security NEXT - 2021/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
IPA、春期登録セキスペ試験など中止 - 新型コロナ影響で
2019年度秋期登録セキスペ合格者が発表 - 合格率19.4%
登録セキスペ制度が一部改正 - 3年更新を必須に
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始
「情報処理安全確保支援士」の新規登録1200人 - 1万9417人に
登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
2018年秋期セキスペ試験、合格率18.5% - 平均年齢36.8歳