Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

能登半島地震被災地域の登録セキスペ、登録更新申請期限迫る

2024年能登半島地震の被災地域において、情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)の登録更新申請期限が延長されている。申請期限が5月1日と近づいており、対象者は注意が必要だ。

災害救助法が適用された自治体に登録住所がある場合、登録更新申請期限が2024年1月31日だった場合は、救済措置として登録更新申請期限が同年5月1日に延長されている。

更新期限についても、同年3月31日より同年6月30日に変更された。詳細は情報処理推進機構(IPA)のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2024/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

法律相談の予定表、相談者が誤って持ち帰る - 茨城県
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「VMware vCenter Server」に複数の深刻な脆弱性 - 早急に対応を
「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
教員がフィッシング被害、侵害アカウントからさらなる攻撃 - 明治薬科大
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大