Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、春期登録セキスペ試験など中止 - 新型コロナ影響で

情報処理推進機構(IPA)は、2020年度春期の「情報処理安全確保支援士試験」および「情報処理技術者試験」を中止すると発表した。

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止する観点から、4月19日に実施を予定していた春期試験の中止を決定したもの。

対象となるのは、「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験」および「情報処理技術者試験」の「ITパスポート試験(特別措置試験)」「情報セキュリティマネジメント試験」「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」「プロジェクトマネージャ試験」「データベーススペシャリスト試験」「エンベデッドシステムスペシャリスト試験」「システム監査技術者試験」。

同機構では、代替試験の実施について可否も含めて検討を行っているという。また受験手数料の返還など詳細については今後発表する予定。

(Security NEXT - 2020/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
「SECCON CTF」、3年ぶりにリアル開催
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
「情報セキュリティマネジメント試験」が通年試験に - 試験時間も短縮
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始