Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性

Cisco Systemsが提供する小規模向けVPNルータ「RV215W」「RV130W」「RV130」「RV110W」に深刻な脆弱性が明らかとなった。修正の予定はないという。これら製品は、以前にも大量の脆弱性が判明しており、同じく未修正となっている。

「RV215W Wireless-N VPNルータ」「RV130W Wireless-N多機能VPNルータ」「RV130 VPNルータ」「RV110W Wireless-N VPNファイアウォール」に脆弱性「CVE-2021-1459」が明らかとなったもの。

ウェブベースの管理インタフェースに脆弱性が存在し、リモートより機器が動作するOSのroot権限でコードを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアは「9.8」で、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。脆弱性の公表や悪用は確認されていない。

これら製品については、サポートを終了しており、脆弱性を修正するアップデートの予定はなく、同社はサポート中の製品へ移行するよう呼びかけている。

これら製品では、同脆弱性に限らず、これまでも「CVE-2021-1164」をはじめ、大量の脆弱性が判明しているが、修正プログラムは提供されていない。深刻な影響を及ぼすおそれがあるとして同社では注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2021/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正