Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多

国内企業の6割が「SASE(Secure Access Service Edge)」の構成要素について、導入に着手しているとの調査結果をNetMotion Softwareが取りまとめた。

20210422_nm_001.jpg
「SASE」について自信を持って説明できる(グラフ:NetMotion Software)

同社が1月に日本、米国、ドイツ、イギリス、オーストラリアの企業のCIO、CTO、ITマネージャー、ITディレクター、ネットワークマネージャー、ネットワークディレクターを対象にインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。各国150人が回答した。

ネットワークとセキュリティ機能をクラウド上に統合し、必要な機能を提供する「SASE」について自信を持って説明できるとする回答者は、日本において53%。他4カ国平均は67%で5カ国中もっとも低かった。

比較的あたらしいコンセプトとなる「SASE」への理解は進んでいない一方、日本にける60%の回答者は、「VPN」や「CASB」「CDN」「SD-WAN」など、「SASE」の構成要素ともなる一部機能の導入に着手していると答えた。ただし、これも他4カ国は74%で、14ポイントの差が開いている。

(Security NEXT - 2021/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都内中小企業を対象としたセキュ対策助成金の募集がスタート
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超
JPCERT/CCが攻撃相談窓口を開設 - ベンダー可、セカンドオピニオンも
「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サービス類型
「クレジットカード・セキュリティガイドライン5.0版」が公開
主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
日本のDMARC導入率13%、米豪と大きな差 - NRIセキュア調査
国内クラウドサービス、海外に比べてセキュリティ対策に遅れ
JPAAWG、GoogleやYahooの「大量メール送信規制」で緊急イベント
「EMV 3-D」の導入ロードマップ策定 - 不正顕著な加盟店は即時導入着手