Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多

国内企業の6割が「SASE(Secure Access Service Edge)」の構成要素について、導入に着手しているとの調査結果をNetMotion Softwareが取りまとめた。

20210422_nm_001.jpg
「SASE」について自信を持って説明できる(グラフ:NetMotion Software)

同社が1月に日本、米国、ドイツ、イギリス、オーストラリアの企業のCIO、CTO、ITマネージャー、ITディレクター、ネットワークマネージャー、ネットワークディレクターを対象にインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。各国150人が回答した。

ネットワークとセキュリティ機能をクラウド上に統合し、必要な機能を提供する「SASE」について自信を持って説明できるとする回答者は、日本において53%。他4カ国平均は67%で5カ国中もっとも低かった。

比較的あたらしいコンセプトとなる「SASE」への理解は進んでいない一方、日本にける60%の回答者は、「VPN」や「CASB」「CDN」「SD-WAN」など、「SASE」の構成要素ともなる一部機能の導入に着手していると答えた。ただし、これも他4カ国は74%で、14ポイントの差が開いている。

(Security NEXT - 2021/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
国内主要上場企業の約半数がDMARC導入 - 対象ドメインの12.1%
「情報セキュリティマネジメント試験」が通年試験に - 試験時間も短縮
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
都内中小企業向けに特別相談窓口を開設 - サイバー攻撃リスクの増大受けて
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通