Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多

国内企業の6割が「SASE(Secure Access Service Edge)」の構成要素について、導入に着手しているとの調査結果をNetMotion Softwareが取りまとめた。

20210422_nm_001.jpg
「SASE」について自信を持って説明できる(グラフ:NetMotion Software)

同社が1月に日本、米国、ドイツ、イギリス、オーストラリアの企業のCIO、CTO、ITマネージャー、ITディレクター、ネットワークマネージャー、ネットワークディレクターを対象にインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。各国150人が回答した。

ネットワークとセキュリティ機能をクラウド上に統合し、必要な機能を提供する「SASE」について自信を持って説明できるとする回答者は、日本において53%。他4カ国平均は67%で5カ国中もっとも低かった。

比較的あたらしいコンセプトとなる「SASE」への理解は進んでいない一方、日本にける60%の回答者は、「VPN」や「CASB」「CDN」「SD-WAN」など、「SASE」の構成要素ともなる一部機能の導入に着手していると答えた。ただし、これも他4カ国は74%で、14ポイントの差が開いている。

(Security NEXT - 2021/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
スマホ運用のセキュリティ対策チェックシートに新版 - JSSEC
主要行、「SPF」の利用進むも約7割が「DMARC」未導入
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に