Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市

名古屋市は、瑞穂生涯学習センターにおいて、施設の予約申込書に記載した電話番号やファックス番号に誤りがあり、申込者の個人情報が流出したことを明らかにした。

瑞穂生涯学習センターにおいて、3月29日から31日に配布した施設の予約申込書において、電話番号やファックス番号に記載ミスがあったもの。

4月5日にファックスの送信先となった事業者より、予約申込者が送信したファックスが誤って届いているとの連絡が指定管理事業者である名古屋市教育スポーツ協会にあり、問題が判明。予約申込者の団体名、代表者名、電話番号およびファックス番号など7件が流出した。

同市教育委員会によれば、問題の予約申込書の4カ所で本来「5」の部分が「6」と記載されており、無関係である事業者の番号となっていた。誤記載が生じた詳しい原因はわかっていないが、ファイル作成時の置換機能などで置き換わった可能性もあるという。

同センターでは、個人情報が漏洩した予約申込者とファックスの誤送信先に対し、経緯を説明して謝罪。記載ミスについては同センターの掲示板や同市サイトを通じて、周知を図っている。

(Security NEXT - 2021/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
2店舗で印鑑届や融資関係書類が所在不明 - 三島信金
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で