Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡県の水産支援システムがスパム踏み台に - 1日あたり約20万件

福岡県は、水温や塩分濃度など海況観測データを配信するシステムのメールサーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。意図しない迷惑メールが大量に発信されたという。

同システムは、のりの養殖事業者などを支援するため、同県が外部に委託して開発したもの。海況ナビ福岡のドメインを含むメールアドレスを発信元として意図しない迷惑メールが送信された。観測情報のメールが遅延する状態が発生し、3月29日に被害へ気づいた。

詳細については調査中だが、3月27日に約4万件、翌日以降は1日あたり約20万件の意図しないメールが送信された。送信された迷惑メールの内容は把握できていない。

同システムは、2021年10月以降の本格利用に向けて3月に納入され、運用が開始したばかりだが、ログを分析したところ、納入以前の開発段階より不正アクセスを試行されていた形跡が見つかったという。

(Security NEXT - 2021/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
たち吉の陶磁器通販サイトでクレカ情報流出の可能性
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
JTB海外グループ会社にサイバー攻撃 - 犯行声明も
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大
通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール