Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡県の水産支援システムがスパム踏み台に - 1日あたり約20万件

同システムでは、開発段階で利用していた脆弱なパスワードをそのまま利用しており、不正アクセスを受ける原因になったと見られている。

今回の不正アクセスによる個人情報の流出はなく、不正アクセスの対象はメールサーバのみで、海況ナビ福岡のウェブサイトなど、他システムへの不正アクセスなどは確認されていない。

現在はパスワードを変更した上、アクセスを一時遮断して、詳細について調査を進めている。のりの漁期は10月から3月過ぎまでで、現在は漁期からはずれており、システムが停止したことによる事業への影響はないとしている。

(Security NEXT - 2021/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 遺伝子解析ベンチャー
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる