Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社

日清製粉グループ会社でお惣菜やおせちの製造、販売を手がけるイニシオフーズは、不正アクセスにより顧客や取引先、従業員などの個人情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、サーバに対して不正アクセスがあり、サーバ内で保存していたデータの一部が外部に流出した可能性がある。ネットワーク機器の脆弱性が攻撃されたことに起因すると見られている。

今回の不正アクセスにより、過去に同社でおせちを購入した顧客約4万3000人分の氏名や住所、電話番号などが外部に流出した可能性がある。

さらに取引先担当者約3000人分の名刺情報、派遣スタッフ約1000人分の氏名や派遣元会社名のほか、従業員1940人およびアルバイトを含む退職者1万5815人分の氏名や住所、電話番号、金融機関の口座情報なども対象だという。

3月2日にサーバの障害を検知、機能停止を確認した。翌3日に警察に被害届を提出。個人情報保護委員会にも報告した。詳細な原因について調査を進めており、対象となる顧客や関係者には個別に連絡を取っている。

本誌では同社へ取材を求めたが、「ウェブサイト上で公表している以上の内容については回答できない」とし、コメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応