Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開

2020年11月の第1報から今回の発表まで約4カ月が経過しているが、同社は正規のアカウントへの「なりすまし」だったため、正規のアクセスを含むログの調査に時間を要したと説明。一連の攻撃でマルウェアや、脆弱性に対する攻撃は検知していないという。

一連の不正アクセスについて調査は完了したとしており、今回の調査結果の報告をもってひと区切りをつけたかたちだ。

同社では2020年1月から2月にかけて、マルウェアや脆弱性を悪用した不正アクセスについて公表しているが、「攻撃手口が異なり、これらを直接結びつけるエビデンスなどは見つかっていない(同社広報)」としている。

(Security NEXT - 2021/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か