Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開

三菱電機が2020年11月に公表したクラウドサービスに対する不正アクセスに関連し、その後の調査で同社や子会社におけるあらたな情報流出が確認された。攻撃の起点となったのは、中国にある子会社だったという。

同社では、2020年11月16日に同社が利用しているクラウドサービスで異常なアクセスを検知。アクセスを遮断するとともに、同月20日に当時判明している情報流出の状況について公表したが、その後の調査で、同社や子会社におけるさらなる被害が確認された。

今回の攻撃では、三菱電機が契約する「Office 365」において、窃取したアカウント情報を利用して従業員になりすます不正アクセスが行われていた。

攻撃の起点となったのは、同社の中国子会社。不正アクセスにより、同社や子会社である三菱電機インフォメーションネットワークで利用する「Office 365」のアカウント情報が窃取され、それら情報をもとに「Office 365」や関連サーバに対して攻撃が展開された。不正アクセスを受けたアカウントは、2要素認証も導入済みだったという。

2020年11月以降、同社が調査を進めたところ、12月11日に子会社である三菱電機インフォメーションネットワーク(MIND)における情報流出を確認した。

(Security NEXT - 2021/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡