Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開

三菱電機が2020年11月に公表したクラウドサービスに対する不正アクセスに関連し、その後の調査で同社や子会社におけるあらたな情報流出が確認された。攻撃の起点となったのは、中国にある子会社だったという。

同社では、2020年11月16日に同社が利用しているクラウドサービスで異常なアクセスを検知。アクセスを遮断するとともに、同月20日に当時判明している情報流出の状況について公表したが、その後の調査で、同社や子会社におけるさらなる被害が確認された。

今回の攻撃では、三菱電機が契約する「Office 365」において、窃取したアカウント情報を利用して従業員になりすます不正アクセスが行われていた。

攻撃の起点となったのは、同社の中国子会社。不正アクセスにより、同社や子会社である三菱電機インフォメーションネットワークで利用する「Office 365」のアカウント情報が窃取され、それら情報をもとに「Office 365」や関連サーバに対して攻撃が展開された。不正アクセスを受けたアカウントは、2要素認証も導入済みだったという。

2020年11月以降、同社が調査を進めたところ、12月11日に子会社である三菱電機インフォメーションネットワーク(MIND)における情報流出を確認した。

(Security NEXT - 2021/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
ドール通販サイトから顧客情報が流出 - 脅迫メールで判明