Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)と米連邦捜査局(FBI)は、マルウェア「TrickBot」を用いた標的型攻撃が展開されているとして注意喚起を行った。

「TrickBot」は、2016年に確認されたトロイの木馬。アカウント情報を盗み出すいわゆる「不正送金マルウェア」として知られ、「マンインザブラウザ(MITB)」により、ログイン時などのアカウント情報を窃取するほか、「SMB」プロトコルを利用してラテラルムーブメントにより感染を拡大するケースもある。

同マルウェアは、モジュールに対応しており機能の追加が可能で、洗練された攻撃グループが、メールを通じて同マルウェアを展開し、機密情報の窃取などを行っているとして、CISAとFBIが共同で注意喚起を行った。

同庁が確認したケースでは、交通違反の証拠があるなどとメールで通知。記載されたURLより、侵害されたウェブサーバに誘導し、証拠写真の画像をクリックしようとすると、悪意のあるJavaScriptファイルがダウンロードされ、コマンド&コントロールサーバより「TrickBot」がダウンロードされるしくみだった。

(Security NEXT - 2021/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
寝具通販サイトでクレカ情報約1.9万件が流出か - 9割超は決済不成立のクレカ情報
JPCERT/CC、F5「BIG-IP」の脆弱性で注意喚起
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報