Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に

「Microsoft Exchange Server」に深刻な脆弱性が明らかとなった問題で、脆弱性が解消されていないサーバを侵害してランサムウェア「DearCry」が展開されていることがわかった。

マイクロソフトが、あらたなランサムウェア「Win32/DoejoCrypt.A」を検知したことを明らかにしたもの。ファイルヘッダに「DEARCRY」との文字が埋め込まれていることから、別名「DearCry」と名付けられており、拡張子に「.CRYPT」を追加する特徴が見られる。

「Microsoft Exchange Server」に対し、脆弱性を用いて「Webシェル」を展開、ラテラルムーブメントにより侵害したシステムから認証情報を窃取したのち、攻撃者によって手動で展開されたものとマイクロソフトでは見ている。

MalwareHunterTeamのMichael Gillespie氏は、3月9日ごろより被害報告が寄せられていることをTwitterにて明らかにした。マルウェアを解析したPalo Alto Networksによれば、同ランサムウェアは、特定の拡張子を持つファイルを暗号化しており、対象となる拡張子は少なくとも70種類以上に及ぶという。攻撃者が残す脅迫文に金額や送金先の指定はなく、指定のメールアドレスへ連絡を取るよう求めていた。

またSophosは、同ランサムウェアは暗号化にあたり、バイナリ内に保存された「公開鍵暗号」を利用していると分析。コマンド&コントロールサーバよりキーを取得することなく、暗号化が可能であると指摘している。

マイクロソフトでは、「Microsoft Defender」にランサムウェアの対策を追加。あわせて「Microsoft Exchange Server」のアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答