Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に

「Microsoft Exchange Server」に深刻な脆弱性が明らかとなった問題で、脆弱性が解消されていないサーバを侵害してランサムウェア「DearCry」が展開されていることがわかった。

マイクロソフトが、あらたなランサムウェア「Win32/DoejoCrypt.A」を検知したことを明らかにしたもの。ファイルヘッダに「DEARCRY」との文字が埋め込まれていることから、別名「DearCry」と名付けられており、拡張子に「.CRYPT」を追加する特徴が見られる。

「Microsoft Exchange Server」に対し、脆弱性を用いて「Webシェル」を展開、ラテラルムーブメントにより侵害したシステムから認証情報を窃取したのち、攻撃者によって手動で展開されたものとマイクロソフトでは見ている。

MalwareHunterTeamのMichael Gillespie氏は、3月9日ごろより被害報告が寄せられていることをTwitterにて明らかにした。マルウェアを解析したPalo Alto Networksによれば、同ランサムウェアは、特定の拡張子を持つファイルを暗号化しており、対象となる拡張子は少なくとも70種類以上に及ぶという。攻撃者が残す脅迫文に金額や送金先の指定はなく、指定のメールアドレスへ連絡を取るよう求めていた。

またSophosは、同ランサムウェアは暗号化にあたり、バイナリ内に保存された「公開鍵暗号」を利用していると分析。コマンド&コントロールサーバよりキーを取得することなく、暗号化が可能であると指摘している。

マイクロソフトでは、「Microsoft Defender」にランサムウェアの対策を追加。あわせて「Microsoft Exchange Server」のアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
macOS向けアップデート − 複数脆弱性を修正
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不審勧誘で苦情、契約者情報の漏洩を調査 - JSB
「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消