Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム

トレンドマイクロは、同社製品で検知した情報をもとに相関分析を行い、リスクの可視化を行うセキュリティ製品「Trend Micro Vision One」を提供開始した。

同製品は、同社セキュリティ対策製品における検知情報について、同社が保有する脅威情報を踏まえて相関的に分析し、関係性やリスクの可視化を行うソリューション。

センサーとして、「Trend Micro Apex One SaaS」「Trend Micro Cloud One Workload Security」「Trend Micro Cloud App Security」「Deep Discovery Inspector」が利用できる。

今後はセンサーとして利用できる同社製品の拡充や、他社の「SIEM」や「SOAR」とAPIで連携し、分析情報によって機密情報やクラウドサービスへのアクセスを制御する機能「トラスト&インサイト」を2021年中に追加する予定。

(Security NEXT - 2021/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
匿名加工情報作成ソフトに新版、架空パーソナルデータの合成に対応
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル