Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム

トレンドマイクロは、同社製品で検知した情報をもとに相関分析を行い、リスクの可視化を行うセキュリティ製品「Trend Micro Vision One」を提供開始した。

同製品は、同社セキュリティ対策製品における検知情報について、同社が保有する脅威情報を踏まえて相関的に分析し、関係性やリスクの可視化を行うソリューション。

センサーとして、「Trend Micro Apex One SaaS」「Trend Micro Cloud One Workload Security」「Trend Micro Cloud App Security」「Deep Discovery Inspector」が利用できる。

今後はセンサーとして利用できる同社製品の拡充や、他社の「SIEM」や「SOAR」とAPIで連携し、分析情報によって機密情報やクラウドサービスへのアクセスを制御する機能「トラスト&インサイト」を2021年中に追加する予定。

(Security NEXT - 2021/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「LogonTracer」に新版、複数ログの管理に対応 - Sigmaルールも利用可能に
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
「CIS Controls」を用いたセキュリティ対策のアセスメントサービス
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を提供開始 - 日立ソ
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
ダークウェブを対象とした組織機密情報の流出調査サービス
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス