Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で

工業所有権情報・研修館(INPIT)は、業務委託先のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染したことを明らかにした。過去にメールをやり取りしたことがある企業の情報が外部に流出した可能性がある。

委託先である北海道発明協会において、2020年10月20日11時過ぎに支援先企業より受信したメールを同日23時半ごろ開いたところ、マルウェア「Emotet」に感染した。

翌21日に委託先の知財総合支援窓口や、窓口支援担当者の名前をかたるなりすましメールが複数送信され、受信した外部より指摘を受けて問題を確認。

注意喚起を行うとともに同日から翌22日にかけて調査を進めたところ、委託先従業員が無許可で使用していた個人所有のパソコン1台が「Emotet」に感染していることが判明、ネットワークから遮断した。

同端末を確認したところ、過去にメールのやり取りがあった支援企業316社の関係者に関する氏名やメールアドレスなどが、外部に流出した可能性があることがわかった。

(Security NEXT - 2021/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
業務PCが「Emotet」感染、個人情報が流出 - 保険代理店
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
漁協直売店で「なりすましメール」 - 8月の「Emotet」感染が原因か
和歌山県、県民プール装うメールに注意喚起 - 以前のEmotet感染と関連は不明
約3カ月ぶりに「Emotet」が攻撃再開 - 「信頼できる場所」で警告回避