Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命

日本生命保険の従業員が契約者向けのポイントサービスを不正に利用し、無断でポイントをAmazonギフトなどに交換していたことがわかった。

同社によれば、契約内容の確認や個人情報の登録により貯めることができ、景品との交換や寄付などに使用できる契約者向けのポイントを、同社の営業を担当する従業員が不正に使用していたもの。

2018年3月から2020年10月にかけて、同従業員が担当する127人の契約者が保有するポイント35万円分相当を、無断でAmazonギフトなどに交換するなど不正に使用した。

同社では、被害を受けた契約者に謝罪。不正使用されたポイントについてはすべて補填する方針で、順次ポイントの復元を行っている。不正使用した従業員については処分を実施したという。

(Security NEXT - 2021/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
JVCケンウッドの欧州グループ会社にサイバー攻撃 - メール障害から判明
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス