Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命

日本生命保険の従業員が契約者向けのポイントサービスを不正に利用し、無断でポイントをAmazonギフトなどに交換していたことがわかった。

同社によれば、契約内容の確認や個人情報の登録により貯めることができ、景品との交換や寄付などに使用できる契約者向けのポイントを、同社の営業を担当する従業員が不正に使用していたもの。

2018年3月から2020年10月にかけて、同従業員が担当する127人の契約者が保有するポイント35万円分相当を、無断でAmazonギフトなどに交換するなど不正に使用した。

同社では、被害を受けた契約者に謝罪。不正使用されたポイントについてはすべて補填する方針で、順次ポイントの復元を行っている。不正使用した従業員については処分を実施したという。

(Security NEXT - 2021/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
SolarWinds製品の侵害、米国中心に検出 - 国内でも
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども