Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命

日本生命保険の従業員が契約者向けのポイントサービスを不正に利用し、無断でポイントをAmazonギフトなどに交換していたことがわかった。

同社によれば、契約内容の確認や個人情報の登録により貯めることができ、景品との交換や寄付などに使用できる契約者向けのポイントを、同社の営業を担当する従業員が不正に使用していたもの。

2018年3月から2020年10月にかけて、同従業員が担当する127人の契約者が保有するポイント35万円分相当を、無断でAmazonギフトなどに交換するなど不正に使用した。

同社では、被害を受けた契約者に謝罪。不正使用されたポイントについてはすべて補填する方針で、順次ポイントの復元を行っている。不正使用した従業員については処分を実施したという。

(Security NEXT - 2021/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
訪日外国人向け入出国ゲートの登録システムに不正アクセス
ファッション情報サイトに不正アクセス - 登録会員情報が流出か
日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
社内外で利用する「プロジェクト情報共有ツール」に不正アクセス - 富士通