Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性

「Cisco Application Services Engine」に関連する複数の深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

「Cisco Application Services Engine」では、認証なくホストレベルの権限を取得し、不正な操作が可能となる脆弱性「CVE-2021-1393」「CVE-2021-1396」が明らかとなった。

「CVE-2021-1393」は、細工したTCPリクエストにより特権の取得が可能となる脆弱性。コンテナを実行したり、ホストレベルの操作が可能となる。また「CVE-2021-1396」はAPIのアクセス制御に明らかとなった脆弱性で、細工されたHTTPリクエストにより特定のAPIにアクセスできる。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、「CVE-2021-1393」が「9.8」、重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」。「CVE-2021-1396」が「6.5」で重要度は「中(Moderate)」とレーティングされている。

内部調査で判明した脆弱性で、悪用や公表は確認されていない。同社は脆弱性を修正した「同1.1(3e)」をリリースした。

(Security NEXT - 2021/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新